AYANOKOJI

京都秀和がま口製作所

物づくりは心。
一つ一つ丁寧に優しさを縫いこんでいます。

AYANOKOJIオリジナルの商品は、京都の日当たりの良い白川通り沿いの工房で働く職人たちの手で作られています。 ここの工房は、AYANOKOJIができる前から、和雑貨とがま口の袋物を中心に何十年も作り続けてきております。 職人たちは、今日も穏やかな空気が流れる中で、一つ一つ丁寧に想いをこめて製品を作っています。 AYANOKOJIはそんな職人達を心から尊敬しています。

熟練の技は、日々の積み重ね。今もなお、変わらぬ思いで新しいモノにチャレンジしております。

写真は、当工房の職人の林さん。がま口の「袋物」を専門とした職人です。 日本で流通している老舗店舗・アパレル系ショップで扱われているがま口袋物などに長年携わってきました。 時代の流行、移り変わりをこの袋物で感じると言います。 大体のがま口・がま口袋物の仕様を網羅してるといっても過言では無いくらい詳しく、また典型的な職人気質というよりは、「古き」というのは「知識」であり、新しい物をどんどん取り入れ工夫し考案し、その「知識」をより深くするというのが基本姿勢の柔軟な考えを持っています。 AYANOKOJIでは新商品を考える際に、林さんより縫製面でのアドバイスを聞きます。 企画からの無理難題にも、思考錯誤しながら、製品を作ってくださり モノを作るこだわりは、誰よりも熱心です。 工房では、お茶目な笑顔でみんなのオアシスなのです。

ただの口金屋ではなく、がま口の袋物が専門です。

当工房は「がま口」の口金屋ではなく、がま口の「袋物」を専門としています。 多種多様にある口金を使用し、見た目がレトロでかわいい物や、実用性が高い便利なもの、現代の生活にあった形など、袋の部分にこだわりをもって作っています。 世の中にはたくさんがま口アイテムはありますが、当工房は枠にとらわれず、新しいがま口の袋物を提案し世に送りだしています。 使ってみて、「とっても使いやすかった!」と、お客様に笑顔になってもらえる事が一番嬉しい瞬間です。

秀和がま口製作所

京都市左京区聖護院山王町にあるがま口の袋物を専門とした工房です。「京都のがま口袋物製造所」として、全国の和雑貨・アパレル関連の企業様からのご依頼での製造を行っております。
古くからある定番の形は元より、今までにない新しいがま口の袋物を日々こだわり、研究、提案しております。
そして、直接個人のお客様にも対応したく直営店の「AYANOKOJI」ではたくさんのがま口を販売しております。
個々のライフスタイルに合ったがま口袋物製作や、企業様のOEMまで、幅広く対応させて頂きます。