トップ > カテゴリ一覧 > がま口バッグ > がま口ショルダーバッグ > がま口KAKUポシェット

トップ > カテゴリ一覧 > 限定品 > 南天柄

トップ > カテゴリ一覧 > 新作アイテム > 12月20日UP

帆布・南天柄イメージ画像

GAMAGUCHI KAKU POCHETTE
がま口KAKUポシェット
帆布・南天柄

長財布もスッポリ入る
スクエアタイプのがま口バッグ

長財布も入り、大きなマチで大容量がポイントの
がま口KAKUポシェット。
冬に映えるレトロモダンな南天柄で
見た目もスマートに、飽きのこない
シンプルなフォルムです。

POINT

KAKUポシェットを開けている画像

間口が広く、中が見やすい。
長財布、iPad、A5サイズの手帳や折り畳み傘など、お出かけに
必要なものはすべて中へ。

  • Uカンが互い違いについている画像

    ベルトを付ける金具部分が互い違いに付いていることで、大きく開いても中身がこぼれ落ちません

  • 内側にはポケットがついている画像

    中には、小物の整理に便利な大きなポケットが1つと、小さなポケットが2つ付いています

DETAIL

KAKUポシェット ディティール画像

PATTERN&COLOR

錫色アップ画像

アイデアソースは「明治時代の和柄」でありながら、
配色カラーは北欧のテキスタイルのようなポップな印象に。
今昔のデザインが融合され、
新しさを感じる斬新なテキスタイルが特徴的。

カラーバリエーション画像 KAKUポシェット使用イメージ画像
(c)芸艸堂について
帆布・南天柄に戻る

アイテムイメージ

がま口KAKUポシェット【帆布・南天柄】がま口KAKUポシェット【帆布・南天柄】がま口KAKUポシェット【帆布・南天柄】がま口KAKUポシェット【帆布・南天柄】がま口KAKUポシェット【帆布・南天柄】がま口KAKUポシェット【帆布・南天柄】
がま口KAKUポシェット【帆布・南天柄】
拡大 Prev Next

備考 (c)芸艸堂
帆布・南天柄は、日本唯一の手木版和装本出版社である「芸艸堂」が明治後期に発刊した図案集『新美術海』の図案をもとにアレンジしました。
錫(スズ)色はオンラインショップ限定です。
販売期間 数量や期間を限定して販売している商品のため、売り切れ次第販売終了となります。何卒ご了承下さいませ。
商品説明 冬に映えるレトロモダンな南天柄のスクエアタイプのシンプルバッグ。A5サイズの手帳や長財布も入る収納力と、大きく開く開口部と内ポケットが使いやすいKAKUポシェット。見た目もスマートに、飽きのこないシンプルなフォルムです。
サイズ詳細 <本体>
外寸:高さ20cm、幅(最大)32cm、本体マチ10cm
内寸:高さ15cm、幅23.5cm
内ポケット:(小)高さ12cm、幅8cm、タック1.5cm
(大)高さ12cm、幅17cm
<ベルト>
長さ:約65.5〜126cm(金具含む)、幅:2cm
<重さ>
420g(持ち手含む)


※商品サイズの表記はおおよその値となります。
※外寸は口金を含みます。
※内寸は口金を含みません。

素材 <袋>
表地:8号帆布 綿100%、裏地:レーヨン100%、裏地カラー:ネイビーブルー、イエロー、サーモンピンク、パープル
<口金>
鉄、カラー:アンティークゴールド
<ベルト本体>
合皮、金具:合金・鉄、金具カラー:アンティークゴールド
製造 日本製 京都秀和がま口製作所日本製(京都秀和がま口製作所)
支払方法 クレジットカードVISAMasterJCBAmexDiners/後払い(コンビニ・郵便局・銀行)/Amazon Pay/楽天Pay
発送方法
  • ゆうパックご利用可能日時指定可能
  • 送料無料送料無料商品です
※10,000円以上ご購入頂いた場合は送料無料になります。

【在庫商品】【バッグ】がま口KAKUポシェット【帆布・南天柄】

  • 在庫商品
  • 期間限定品

商品番号 b-kaku-hntg

12,204円(税込)

会員限定!【122ポイント進呈】

[ 送料込 ]

【販売期間:12月20日22時0分〜】

- 瑠璃(ルリ)
躑躅(ツツジ)
金糸雀(カナリア)
錫(スズ) -
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(4.0) 4.00

蜜柑さん(1件) 購入者

非公開 投稿日:2018年12月28日

おすすめ度 おすすめ度(4.0)

錫色を購入しました。写真通りの色味で灰色に赤がはえていてとても素敵です。大きさも女性らしさのあるサイズ感で、普段使っている長財布やポーチも入りました。一つ自分の確認ミスではありますが、同封されていた紙に「がま口商品は濡らさないでください」とあり、雪国では気軽に使えなさそうなのが残念でした。商品のページには記載がなかったため、ある程度は大丈夫なものだと思い込んでいました。すぐに使いたかったのですが、来春まではお預けになりそうです。