読み物読み物

大人のペンケース選びには、
おしゃれで使いやすい
がま口ペンケースがおすすめ

がま口ペンケースとの
出会い

みなさん、はじめまして。
AYANOKOJIで商品ページ制作をしているKです。

わたしは昨年AYANOKOJIに入社したばかりの新人です。
もともとは石川県・金沢市に住んでいて、転職を機に京都へやってきました。
初めは方言がなかなか抜けず、京都独特のイントネーションや言い回しにも戸惑うばかりでしたが、
今では金沢弁と関西弁を駆使するバイリンガルになりました。
季節によって変わる鴨川の景色を眺めながら出勤するのも、もうすぐ1年になります。

そんな私ですが、入社して初めて買ったものがあります。
それがこちら。

AYANOKOJI がま口 ペンケース 筆箱 筆入れ

コロンとしたシルエットが可愛いこちらの筆箱。TAWARA型がま口ペンケースです。
その名の通り、俵袋のように丸みのある形が特徴です。

ペンケースというと、皆さんはどのようなものを使ってこられたでしょうか。
わたしは小学生になった時、はじめて自分のふでばこというものを買ってもらいました。鉛筆が6本入る両面開きのパカパカしたふでばこで、当時人気だったキャラクターが描かれていました。クラスのほとんどがその形を使っていたように思います。
中学生になると、男の子はスポーツブランドが出しているステーショナリーを持ち始めたり、女の子はメタリックな缶ペンケースにプリクラを貼ったり。子供ながらに好みやこだわりが生まれた時期ですね。
高校生の時にはクリアなPVCのペンポーチや、ぬいぐるみのようなふかふかのふで箱が大流行。ファッションブランドのペンケースを持っているオシャレな子もいました。
そして大学生・社会人になると、10代の時よりは持ち歩く文房具も多くはなくなり、必要最低限の物が入る小さめのペン入れを選ぶように。整理しやすいポケット付きのものを探したりと、機能に注目することも増えました。

わたしがこのペンケースを購入したのは去年の春先ごろ。それまで使っていたレザーのペンケースが
傷んでいたのと、春なので心機一転、持ち物を新しくしたいなぁと思っていた時でした。
ペンケースって、いろいろなタイプがありますよね。素材にナイロンや本革を使った
ファスナー式のものや、カパッと開けて使うプラスチック製のもの。
最近はメッシュ生地で中が透けて見えるものや、ペン立てのように立てて使えるペンケースなど、
ユニークな最新アイテムもどんどん増えています。

そんな中でこのペンケースを買おうと思った理由は、単に「デザインが可愛い」からでした。
当時入社したばかりのわたしは、がま口の使いやすさ・便利さがいまいちわかっておらず、
見た目だけでこのペンケースを選びました。

そう、あなどっていたのです。がま口を。

使い続けていくうちに、
あれ…?今まで使ってきたペンケースの中で、1番ええやん…!と感じるようになりました。
初めて書くこのコラムでは、その発見についてお話したいと思います。

TAWARA型がま口ペンケースの
3つの「ええやん!」

①ほどよいコンパクト感と
頼れる収納力

AYANOKOJI がま口 ペンケース 筆箱 筆入れ

大きすぎない、でも中は意外と入る。
デスクに置いておいても邪魔にならない、ちょうどいいサイズです。
社会人になってからのペンケース選びって、容量や大きさが結構重要だったりしますよね。
使いたいペンケースのサイズも、職業や使う場所によって変わってくると思いますが、
デスクで仕事をすることが多いわたしの場合はこのTAWARA型ペンケースがぴったりでした。
その中身がこちら。

AYANOKOJI がま口 ペンケース 筆箱 筆入れ

シャーペン・ボールペンのほか、小さなハサミや蛍光マーカー、ふせんなどの文具を入れています。
この量だとペンケースにはまだまだ余裕がありますが、中のものが見つけやすくて便利です。
ちなみにどれだけ入るのか試してみたところ、細身のペンだと約25本入りました。
24本セットの色鉛筆がまるっと入るくらい。と想像すると、おお。意外にたくさん入りますね。

②中が見渡せ、探す手間なし。

わたしが感じた一番の「ええやん!」ポイントです。
会議やミーティングで、話を聞きながらノートに色々書いている最中。
あ、間違えた。消しゴム、消しゴム…と思った時。
以前はマチのある合皮のファスナーペンケースを使っていましたが、そのときは

片手でペンケースを持つ→もう片方の手で中を探す→取り出す

と地味に手間がかかっていました。探すときにペンがかちゃかちゃ鳴ってしまうのもプチストレス。
ですが、これががま口になると

AYANOKOJI がま口 ペンケース 筆箱 筆入れ

取り出す

これだけで完結します。

どういうことかというと。
がま口がガバっと開くので、中にあるものがほとんど見えるんです(わたしの場合)。
ペンケースを見ればもう消しゴムが見えている。つまり探すのにかかる時間は0秒。
どんどん話が進む会議では、次々と案が出てきたり、細かい数字が出てきたり…
資料になく口頭でしか発表されない事柄もあります。
メモをとるのに忙しい、でも大事なことは聞き逃したくない、でも消しゴムやマーカーも使いたい…
そんな時、片手でサッと取り出せるのはめっちゃ便利です。

また、倒れたりする心配がなく、安定して机に置ける形なのも良いところ。
筆記具ではありませんが、わたしはスティックミラーとリップクリームも常に入れています。
気付いた時にすぐ使えるので、ポーチやデスクの引き出しに入れるよりずっと便利。
そのおかげか、去年より唇がプルプルになった気がします。
美容にも影響してくるとは。がま口、あなどれへんわぁ。

③趣味のおともに。
収納ポーチに早変わり!

わたしは音楽が好きで、趣味のひとつにギターがあります。
クロスや弦用のスプレー、ピックなど、周辺小物が多いのですが、
その収納にもがま口ペンケースが活躍します。

AYANOKOJI がま口 ペンケース 筆箱 筆入れ

大きさも形状もバラバラな子たちが、仲良くスッキリ収まっています。
スタジオへ練習に行くときは、このペンケースをぽいっと鞄に入れれば準備完了。
こんなふうに、筆記用具に限らず自分の好きな物を入れて楽しむこともできます。
いまこのコラムを読んでくださっている、ギタリスト・ベーシストのみなさまには、
ピックを入れるのにぴったりな「寸ぱちがま口財布」をぜひ使っていただきたいです。

楽天売上ランキング1位を獲得。
おしゃれメンズにもおすすめ。
大人&スマートながま口平ペンケース

さて、ここまでは私の愛用しているTAWARA型がま口ペンケースについて書いてきましたが、
もっとスリムなペンケースがほしい、と思う方も多くいらっしゃると思います。
そんな方にはこちら。

AYANOKOJI がま口 ペンケース 筆箱 筆入れ

スリムなマチでシュッとしていますね。がま口平ペンケースです。
楽天市場の文房具・事務用品ランキングで1位になったこともある人気のペンケースです。
薄型なのでバッグに入れてもかさばらず、手帳やファイルとも一緒に持ちやすいです。
こちらには細身のペンだと約15本入りました。見た目よりしっかり入りますね。

TAWARA型は丸みがあり、どちらかと言えばかわいい印象だったのに比べ、
平ペンケースはスタイリッシュ。男性も持ちやすいスマートな雰囲気です。
そして(スタッフK的)一番の特徴がこちら。

AYANOKOJI がま口 ペンケース 筆箱 筆入れ

ご覧ください。このがま口の開き具合。
外寸より開いてるんじゃないかってくらい、大きく開くんです。
スリムな形でも、入り口が広いことによって中のものがよく見えます。
もしこれがファスナー仕様だったら、
手が入れにくかったり、ペンが見つけづらかったりするかもしれませんが、
がま口で作ることで、スムーズにものが取り出せます。

お気に入りのかわいい付箋やマスキングテープ、定規など
毎日ではないけどよく使う「2軍」の文房具をまとめて、収納ポーチ感覚で使うのもおすすめです。

おしゃれもシンプルも。
デザインから選ぶ
おすすめがま口ペンケース5選

さて、ここまではAYANOKOJIの代表的な2つのペンケースを見てきましたが、
ペンケースを選ぶときって、機能性や大きさだけでなく、デザインやカラーにも悩みますよね。
春が近づき、入学・就職のプレゼントとしてペンケースを探される方も多いのではないでしょうか。
ここからは生地にスポットを当て、ギフトにおすすめのペンケースをデザイン別に見ていきたいと 思います。

男性にも人気。
シンプルで使いやすい<帆布・無地>

AYANOKOJI がま口 ペンケース 筆箱 筆入れ

シンプルイズベスト、ベーシックな無地です。
メンズも持てるユニセックスなカラーバリエーション。
ネイビー系やブラック系はビジネスシーンでも使えて、ギフトにも贈りやすいです。
自分のお気に入りの色や、好きなアーティスト・キャラクターの「推し色」で選ぶのもいいですね。

好みに合わせて選べる、
個性的&定番柄の<帆布・唐草/水玉>

AYANOKOJI がま口 ペンケース 筆箱 筆入れ

和柄の良さを楽しめる唐草模様は、AYANOKOJIではおなじみのシリーズ。
配色のコントラストがポイントの水玉・でかドット柄は、若い世代にも人気なので
学生の方へのお祝いにもおすすめです。

大人女子必見。
おしゃれでかわいい<帆布・バードチェック>

AYANOKOJI がま口 ペンケース 筆箱 筆入れ

冒頭でご紹介した、わたしのペンケースがこのシリーズです。
大人可愛い千鳥柄は、上品でトラッドな印象。この柄の財布も一緒に使っています。
小物入れにしたり、メイク直しグッズを入れて小さめの化粧ポーチとして使うのも可愛いです!

ナチュラルな風合いと、
使いやすい裏地がポイント<リネン>

AYANOKOJI がま口 ペンケース 筆箱 筆入れ

ざっくりとしたリネン生地に女性らしいレースをあしらった、ガーリーなシリーズ。
こちらは裏地がピンクとグリーンから選べるんです。
内側がかわいい色だと気分がグッと上がりますよね~。しかも明るい色だと中が見やすくて便利。
リップやハンドクリームを入れてポーチ使いするのもGOOD。

誕生日や母の日のギフトにも。
長年愛される<帆布・蛸唐草>

AYANOKOJI がま口 ペンケース 筆箱 筆入れ

縁起が良いとされている蛸唐草模様は、プレゼントにも自分用にもオススメです。
生成や紺色、葡萄(ブドウ)色など、どこか懐かしくほっとする色合いは
幅広い年代の方に使っていただけます。

TOP5をご紹介
がま口ペンケース人気ランキング

皆さん、お気に入りのデザインは見つかりましたか?
最後に、AYANOKOJIオンラインショップのがま口ペンケース人気ランキングをご紹介します。

第1位
がま口平ペンケース【帆布・唐草/水玉】

AYANOKOJI がま口 ペンケース 筆箱 筆入れ

ちょうどいいサイズ感と
かさばらないスリムな形が魅力

詳細はこちら

第2位
TAWARA型がま口ペンケース【帆布・唐草/水玉】

AYANOKOJI がま口 ペンケース 筆箱 筆入れ

小物入れやコスメポーチとしても
女性に人気のTAWARA型

詳細はこちら

第3位
TAWARA型がま口ペンケース【帆布・無地】

AYANOKOJI がま口 ペンケース 筆箱 筆入れ

コンパクトなのにたっぷり入る
マチの広さがポイント

詳細はこちら

第4位
がま口平ペンケース【帆布・無地】

AYANOKOJI がま口 ペンケース 筆箱 筆入れ

メンズからも支持される
スマートな薄型ペンケース

詳細はこちら

第5位
仕切り付きがま口三角ペンケース【帆布・無地】

AYANOKOJI がま口 ペンケース 筆箱 筆入れ

3つの内ポケットで小物収納も◎
ユニークな三角形のフォルム

詳細はこちら

第5位の「仕切り付きがま口三角ペンケース」は、
ベスト5の中で唯一内ポケットの付いているペンケースです。
クリップや付箋など、小物を整理して入れたい方におすすめです。

おしゃれながま口ペンケースで、
毎日を楽しく!

お気に入りのペンケースがあれば、毎日の仕事や書き物が楽しくなりますよね。
新学期や新生活が始まる4月に向けて、特別なペンケースを探してみてはいかがでしょうか。
がま口ペンケースと迎える2回目の春、より成長できるようわたしもがんばります。

  • AYANOKOJI がま口 がま口 ペンケース 筆箱 筆入れ
トピック別に読むトピック別に読む