商品カテゴリ一覧 > カテゴリ一覧 > 雑貨 > てなっせんのストール

sakira 京都 さきら サキラ 手捺染のストール 友禅のまち「京都」からうまれた 手捺染(てなっせん)のストール


友禅染の伝統を持つ京都。
そんな京都にある染色工房「染めのさきら」で
ひとつひとつ職人によってつくられたストール。

sakira 京都 さきら サキラ 手捺染のストール 「染めのさきら」のお話

静かな住宅地を抜けた先、たくさんの自然に囲まれた場所に
トンと姿をあらわす工房が、手捺染(てなっせん)による
染色加工を手掛ける染色工房、「染めのさきら」。

sakira 京都 さきら サキラ 手捺染のストール 創業は1978年。さきら独自の手法である、ぼやけた表情を生み出す「水ぼかし」は、熟練の職人のみが成せる技。また、作家とのコラボレーションにも取り組み、デザイン性と使い心地の両立を実現。

創業は1978年。
さきら独自の手法である、ぼやけた表情を生み出す「水ぼかし」は、
熟練の職人のみが成せる技。また、作家とのコラボレーションにも
取り組み、デザイン性と使い心地の両立を実現。

sakira 京都 さきら サキラ 手捺染のストール ベテランと若い世代の職人がかさねてきた技法と感性をともに生かしながら、「日本の美をあまた生み出してきた京都の伝統を受け継ぎ、先に届けたい。」そんな想いを込めて、日々制作しています。

ベテランと若い世代の職人がかさねてきた
技法と感性をともに生かしながら、
「日本の美をあまた生み出してきた京都の伝統を受け継ぎ、先に届けたい。」
そんな想いを込めて、日々制作しています。

sakira 京都 さきら サキラ 手捺染のストール 手捺染(てなっせん)のお話

手捺染(てなっせん)は、1色に対して型を1枚使い染める方法で、
風合いそのままに、複雑な柄を再現できます。
職人が1枚ずつ手作業で染めていくので、手間も時間もかかりますが、
色が重なった際の発色の美しさは、またとない逸品です。

sakira 京都 さきら サキラ 手捺染のストール 生地に刷り込まれ、かさなった状態も想定し、職人さんが1/1000g単位で緻密に測った染料と糊を混ぜ、色糊(いろこ)を作ります。デザインをもとに実際に試し刷りをし色糊の粘りぐあいも調整しながら、適した配色や手法を模索します。

「かく」といわれる工程は、染台に布地を張って型を置き、
色糊を乗せ、へらで擦りこむ様に染めます。
力加減やへらの角度も調節しながら上から下へ、終われば横にずれ、
端まで行くとまた戻って別の型でまた染める。それを何度も繰り返します。
ただ表面に乗せるだけではなく、色どうしが馴染むように、
ていねいに作業を進めます。

sakira 京都 サキラ さきら 手捺染(てなっせん)のストール シルクストール
sakira 京都 サキラ さきら 手捺染(てなっせん)のストール カフェブラン sakira 京都 サキラ さきら 手捺染(てなっせん)のストール わがままな水玉模様 sakira 京都 サキラ さきら 手捺染(てなっせん)のストール スイートハッピー sakira 京都 サキラ さきら 手捺染(てなっせん)のストール フルール
sakira 京都 サキラ さきら 手捺染(てなっせん)のストール そよふわガーゼストール
sakira 京都 サキラ さきら 手捺染(てなっせん)のストール きらら sakira 京都 サキラ さきら 手捺染(てなっせん)のストール よぞら sakira 京都 サキラ さきら 手捺染(てなっせん)のストール フェアリー

sakira 京都 サキラ さきら 手捺染(てなっせん)のストール キッチン sakira 京都 サキラ さきら 手捺染(てなっせん)のストール キャット sakira 京都 サキラ さきら 手捺染(てなっせん)のストール あららぎ
sakira 京都 サキラ さきら 手捺染(てなっせん)のストール コーディネートイメージ

10 件中 1-10 件表示 





10 件中 1-10 件表示