HOMEご利用ガイドTOP > アフターケアについて

ご利用ガイド

アフターケアについて

長くご愛用いただくために
(お手入れ方法について)

AYANOKOJIのがま口商品を長くご愛用いただくためのお手入れ方法です。

※ご注意ください※

  1. ・がま口製品は洗えません。
    口金と生地の固定に紙紐と接着剤を使用して製作しているため、水濡れや湿気に弱い性質があります。
    洗濯や手洗いを行うと生地抜けや生地の縮み、口金の変形・破損の原因となります
    撥水性のある生地を使ったがま口も、製作方法は同じのため洗えませんのでご留意ください。
  2. ・湿度の高い場所での長期間の保管は、口金の錆びやカビ発生の原因となりますので避けてください。
  3. ・防水スプレーを掛けすぎにご注意ください。生地や口金の周りが湿ると生地抜けや生地の縮み、色落ちの原因となります。
  4. ・口金調整は手で行ってください。ペンチ等の工具を使用すると口金へキズが付いてしまいます。
    下記図解の調整方法で改善しない場合は、お問い合せください。
  5. ・下記図解の調整方法では調整が困難な形の口金もあります。下記図解の調整方法で改善しない場合は、お問い合せください。


AYANOKOJI品であることをご確認のうえ、修理専用お問い合せフォームへ必要事項をご入力、お問い合せください。
修理代金が発生する場合、お見積りのみでもお受付けしております。

→修理できる内容や、修理代金の目安、修理専用お問い合せフォームはこちら

修理できる内容・修理の流れ等
(修理専用お問い合せフォーム)

AYANOKOJIで製造・販売しているがま口製品に限り、修理をお受付けしています。

AYANOKOJIのネーム

→AYANOKOJI品の確認方法はこちら

状態によって、口金の交換修理や生地部分の縫製修理等が可能です。

口金の一部が破損した
【口金交換】
口金がゆるくなった
【口金調整】
口金から生地や紙ヒモが抜けた
【口金入れ直し】
がま口コスメポーチ 900円~ 500円~ 500円~
横長親子がま口財布 2,000円~
がま口ポシェット 2,500円~ 1,000円~ 1,000円~
丸型がま口ハンドバッグ 2,500円~
特大がま口ボストンバッグ 3,000円~

※修理品イメージ(一例)

Uカン折れ ひねり折れ 口金変形 口金変形
Uカン折れ ひねり折れ 口金変形 口金変形

※修理ご依頼前にご確認ください※

  1. ・他社様製品の修理はお受付けできません。
  2. ・がま口製品は洗えません。クリーニングはできませんのでご了承ください。
  3. ・お客様が加工された品は、修理ができない場合があります。
  4. ・布/革ともに、生地汚れ・生地の擦り切れや破れ・色あせ等の経年による変化については、修理対応ができません。
    口金の状態が良く生地のご用意があれば「生地交換修理(生地部分のお作り直し)」が可能な場合があります。
  5. ・付属の革ヒモ、チェーン、合皮ベルト等の持ち手類は、仕入れ商品のためAYANOKOJIでは修理をお受付けできません。
    恐れ入りますが、お買い替えをご検討ください。
    持ち手・ベルト販売ページ
  6. ・お品の素材・構造・状態によっては、修理ができない場合もありますこと、ご了承ください。

修理の流れ、ご注意事項について

  1. ・修理専用お問い合せフォームへ必要事項をご入力のうえ、お問い合せください。
    工房へ確認し、お見積りやお送り先等についてご案内いたします。
    →メールの届かないお客様へ(お問い合せ先)
  2. ・最初にご案内するお見積り金額は、確定したものではございません。
    お預かり後に、お品の状態によって修理内容や修理代金が変わる場合もあります。
    修理ご依頼品が到着次第お品の状態を確認のうえ、変更がある場合はその旨を、確定の場合は修理代金をお知らせします。
  3. ・修理ご依頼時の送料・修理代金・修理代金お支払い手数料はお客様ご負担となります。修理完了後のご返送時の送料は無料です。
  4. ・修理期間はおおよそ1週間~4週間ほどの見込みとなります。修理内容によって期間が変わります。

修理専用お問い合せフォーム

修理品の返送先について

【返送先住所・電話番号】
〒606-8375
京都府京都市左京区新車屋町通二条下る新車屋町164
秀和株式会社 インターネット事業部 AYANOKOJI
TEL:075-751-0089

※ご注意ください※

  1. 1.AYANOKOJI(秀和がま口製作所)以外の商品の修理はお受付できかねます。お問い合わせ前に、コチラをご確認ください。
  2. 2.ご返送の際は、修理希望の本体のみをご返送くださいませ。
    例1:バッグを修理する場合・・・革ベルトや持ち手を外した状態でご返送ください。
    例2:バッグの持ち手(共布)を修理する場合・・・持ち手のみをご返送ください。
  3. 3.配送状況や印字状態によっては、お荷物の送り状だけでは送り主様が特定できない場合がございます。必ず下記内容を記載したメモの同封をお願い致します。
    同封頂きたいメモ内容
    ・送り主(ご注文者)様氏名
    ・ご返送先住所、電話番号
    ・修理希望箇所
    ・その他ご要望等(お届け日時等)
  4. 4.ご返送時の送付形態は、お客様のご都合のよい方法にてお送りくださいませ。
    その際、お品に汚れやキズ等がつかないよう、梱包をお願い致します。